【就活】大学生で中小企業診断士を取得するメリットはある?経験者が答えます!

  • 2020年4月23日
  • 2020年7月19日
  • 資格
  • 434view
大学生ですが中小企業診断士の資格を取ろうと考えていますが、就活で有効でしょうか?
そんな疑問にお答えします!
この記事を書いている私は、大学生時代に中小企業診断士の一次試験合格に留まりましたが日東駒専から大手都市銀行へ就職しました。
銀行では一時期人事部で採用の手伝いをしていた経験もあるので人事目線と実体験を基に、大学生が中小企業診断士を取得するメリットについて書いていきます。

大学生で中小企業を取得するメリットはある?経験者が答えます!

取得するメリットはある?

結論から申し上げると、

メリットあります!

これは実際に私の経験、人事の両目線から言えることです。

私は大学生時代に中小企業診断士の一次試験に合格(二次試験に落ちました)しただけですが

就職活動中はかなりの武器になり、日東駒専からですが大手企業の内定10社以上もらいました。

また、人事部で採用している時にも「中小企業診断士」を持っている人がいたら

おっすごいな
となること間違い無いでしょう。

【学生目線】中小企業診断士は就活でどう武器になる?

Nao
私は就職活動で「学生時代に1番頑張ったことはなんですか?」の質問に対して、部活をやっていた訳でもないし良い大学に行っていた訳でも無いので思いつかず、他の学生と差別化ができないと感じました。

日東駒専卒である私は、就職活動で他の学生と差別化したいという思いと元から銀行やコンサルティング業界に興味があり

中小企業診断士にチャレンジすることを決意しました。

当時、日東駒専であることをコンプレックスに感じていた私は専門学校に通い必死に中小企業診断士の勉強をしました。

=>「スタディング 中小企業診断士講座」のキャンペーン情報や無料お試しはコチラ!

私はこのチャレンジを就職活動でアピールしました。(他になかっただけですが)

当時は銀行業界やコンサルティング業界以外も受けていたため

  • あまり学生受けている人が少ない中小企業診断士に果敢にチャレンジできるチャレンジ精神
  • 一次試験合格ではあるものの粘り強く挑み成果を出せる

以上の2点を自分の強みとして就職活動しました。正直感触もよく差別化できたと思っています。

【人事目線】中小企業診断士はどのように評価される?

中小企業診断士」は難関資格のうちの一つで20代での取得の割合はかなり少ない資格です。

中小企業診断士協会のアンケート(2016年)によると年齢比は以下の通りです。

表1. 年齢構成
回答数 構成比(%)
20歳代 11 0.6
30歳代 195 9.8
40歳代 457 22.9
50歳代 580 29.1
60歳代 509 25.6
70歳代以上 236 11.8
無回答 4 0.2
合計 1,992 100.0

【J-SMECA】中小企業診断士協会のアンケート(2016年)より

そもそも大学生のうちから中小企業診断士に目を付けるあたり、センスが良いというか着眼点が良いですね。(私はたまたまですが)

もし正式に中小企業診断士に受かっている方がいたら

大学生で遊びがちではあるが、しっかりと将来を考えて難関な資格を頑張ったんだね。チャレンジを実行する力や物事の視点がすでに備わっている人材だな。
と見られるでしょう。
実際に採用担当している時に1人だけ中小企業診断士を在学中に取得した人の面接を対応しましたが
やはり他の学生とはまるで違う差別化はもちろん、説得力があるなと感じました。

 

中小企業診断士とは

中小企業診断士は、中小企業の経営課題に対応するための診断・助言を行う専門家です。法律上の国家資格として、「中小企業支援法」第11条に基づき、経済産業大臣が登録します。
中小企業診断士制度は、中小企業者が適切な経営の診断及び経営に関する助言を受けるに当たり、経営の診断及び経営に関する助言を行う者の選定を容易にするため、経済産業大臣が一定のレベル以上の能力を持った者を登録するための制度です。

【J-SMECA】ホームページより

仕事内容

中小企業診断士には大きく分けると「企業内診断士」と「独立の中小企業診断士」に分けられます。

企業内診断士

文字通り企業に属しながら中小企業診断士を持っている方を指します。通常会社の財務面や経営方針は大きくなればなるほどコンサルティング会社(中小企業診断士等)に委託することが多いですが、企業内に診断士がいれば経理面など自分の会社の方向性をい任されます。

独立の中小企業診断士

国、都道府県、都道府県等中小企業・ベンチャー支援センター、独立行政法人中小企業基盤整備機構、商工会、商工会議所、中小企業団体中央会などの中小企業支援機関の実施する事業に経営支援の専門家として登録され、支援企業へ経営課題解決のため派遣され経営相談を受けます。独立の診断士にはもっと様々な働き方もあります。自由ですから。

試験内容

中小企業診断士になるまでには、マーク式の一次試験・論述の二次試験・面接の三次試験を突破しなくてはいけません。

一次試験

近年の合格率は23%程度と言われています。

科目は全部で7科目あります。

  • 経済学・経済政策
  • 財務・会計
  • 企業経営理論
  • 運営管理
  • 経営法務
  • 経営情報システム
  • 中小企業経営・中小企業政策

二次試験

近年の合格率は18%ほどと言われています。

論述式になるので一次試験よりも専門的かつ確実な知識が必要です。

具体的には中小企業の診断および助言に関する実務の事例が問題に出ます。

三次試験

三次試験は面接ですが、合格率は90%以上と言われています。

二次試験さえ受かってしまえば三次はほぼスルーという噂も・・・

 

在学中に中小企業診断士を取得する方法

中小企業診断士の資格を経験した身から言うと

独学は難しいと思います。

専門の学校に通うか、オンライン講座を受講することをオススメします。
最新情報をチェックしよう!