日東駒専でも大手企業に就職ができる?日東駒専卒の大手都市銀行員が証言します !

日東駒専なのですが就職活動が不安です。大手企業には学歴フィルターがあると噂を聞くのですが日東駒専でも大手企業に就職できるのでしょうか?
そんな疑問にお答えします!
この記事を書いている私は、日東駒専を卒業して新卒で大手都市銀行へ就職しました。
法人営業を数年経験している中で、一時期人事部で採用担当の手伝いをしていた経験もあるので、大手企業の採用の裏側を公開しちゃいます!

 

日東駒専でも大手企業に就職できる?日東駒専卒の大手都市銀行員が証言します!

結論から申し上げると、

日東駒専卒でも大手企業に就職できます!(※一部例外あり)
※大手企業といわれる中でもがつくほどの企業には厳しいケースが正直あります・・・
私も就活生当時はとにかく大手に行きたいという思考が強かったため、就活は大手のみで活動してました。
日東駒専卒なのでよくわかりますが、日東駒専の人は
やっぱ周りはMARCHとか早慶の人ばかりか。だめだな〜これは
と無駄に学歴コンプレックスを抱えがちです。
私もそうでしたから。
しかし、人事目線からすると学歴はあくまでも指標のひとつにすぎません。
もちろん学歴が良いことに越した事はありませんが
就職氷河期などであればそれこそ「学歴フィルター」があり日東駒専では大手の就職は厳しかったかもしれませんが、
売り手市場の2020年であれば「日東駒専」という学歴だけで落とされる事はまずないと考えていただいていいでしょう。
ただ、普通の就活生ではMARCHや早慶にはもちろん勝つ事はできません。
私が実際に就活生の時に意識したことと人事部の目線から日東駒専の就活生にアドバイスをしたいと思います。

日東駒専の就活生にアドバイス

先ほど申し上げたように普通の日東駒専生では簡単に大手企業から内定を取ることはできないでしょう。

私も現役時代は、他の日東駒専生はもちろんのこと他のMARCH生といかにして差別化を図れるか常に考えていました。

そこで現役時代の経験や人事部の目線からみなさんにお伝えできればと思います。

端的にアドバイスすると以下の3点です!

  • インターンシップなど就活を早くから始めて場に慣れる
  • 新聞を読む
  • とにかく面接官に印象付ける

この3つはとにかく意識していました。ひとつずつ解説していきますね。

 

インターンシップなど就活を早くから始めて場に慣れる

これは極めて重要に感じました。

私は先述したように就職活動で圧倒的な結果を出し、周囲をギャフンと言わせたいと思っていました。しかし、大学の先輩から就活の話を聞いてもピンと来なかったため、
自分で経験しないとわからない、まずは動いてみよう!
そう思った私は、大学3年生の夏に開催されていた合同説明会に行き、様々な業種のインターンシップに参加しました。
そうすることにより、銀行の活動が始まる前にグルディスや面接の数をこなすことができ、3年生の冬には内定が出ていました
安心する為に本命前に内定が出ているか出ていないかは重要です
本命前に内定が出ていることが大事!面接の数をこなせるのが大きい!
2022年卒の就活生の方は本番まで後1年ちょっとですが、そろそろ準備を始めたいですね。
そろそろインターン早期面接対策などを始めたいところです。
早く始めると言っても、何から初めていいかわかりません。
そう言った方のために就活のスタートダッシュを手伝ってくれる無料のサービスを2つ紹介します!
dodaキャンパス

dodaキャンパスでは学生がプロフィールを入れることで、企業の採用担当者から早期インターンや特別なオファーが届くサービスです。

ベネッセが運営しておりオンラインイベントなどを通じ、就活のテクニックから今後のキャリアを考える上で成長支援サービスが無料で受けられます!

私が就活の時にはこんなに有難いサービスがなかったので羨ましい限りです・・・

新卒採用オファー受信率98%【dodaキャンパスはこちらから!】



 

 

キミスカ

キミスカでは学生がプロフィールや選考の状況を開示することで、企業から特別選考のスカウトをもらうことができるサービスです。

「ありのままの自分」で企業に評価されることのできるサービスになっています。

口コミ

Iさん(上場企業へ内定・女性)
Googleで「就活」と検索したときに出てきたのがキミスカで、
自分ひとりでの企業選び、もう正直、どうしたらいいかわからなかったので、
企業から選ばれるというスタンスがいいなと思って即、登録しました。
登録したあと、スカウトメールがすぐに届いたのも嬉しかったですし、
キミスカLIVE!というイベントにも参加しました。そこで良い企業さんにも巡り会えました。
そのほかに、キミスカの運営元で面談を行っている事も知り、サポートを受けました!


Oさん(デベロッパー企業へ内定・男性)

スカウトは登録直後、2日に1通は少なくとも来てました。
登録してすぐプロフィール登録率を90%くらいに上げたので、
そのおかげで多く注目されたことも大きかったかもしれません。

キミスカ運営局のアドバイザーの方に相談させてもらっていました。
第三者の客観的な意見をもらえる場としてはとてもよかったと思っています。
そしてその場で、今の内定先である企業を紹介してもらったんです。

ベストマッチな企業との出会いがある就活は新しいフィールドへ【キミスカはこちらから!】
 



 

新聞を読む

私が新聞を読んでいて良かったと思ったのは、とある銀行の最終面接です。その最終面談で

昨今の経済状況(マイナス金利)についてどう思う?

という質問が飛んできました。これは普通の大学生活を過ごしていたらもちろん答えられないですよね。

私は、とりあえず社会人になって恥ずかしくないように読んでいただけですが、読んでいたことにより質問に答えることができ、さらにこの質問に対し逆質問をすることができました!

その後、最終面接官に、

ちゃんと新聞読んでるんだね。意外と読んでいないだろうなって人が多くてね・・・
見事その企業からは内定をいただくことができました。
面接で新聞の内容について聞かれる可能性大!

とにかく面接官に印象付ける

これはもう書いてある通りです(笑)

なるべく他の就活生とは差をつけるようにしましょう!

とりあえず面接官に印象付けよう!
最後に、みなさんのいい結果を祈っています。
最新情報をチェックしよう!