おすすめ就活サイトOfferBox(オファーボックス)評判まとめ

OfferBoxは登録すべきでしょうか?評判が知りたいです。
就活サイトはリクナビとかマイナビを登録しておけば十分じゃないですか?
そんな疑問にお答えします!
当メディアでは、主に日東駒専の就活生に向けた就活情報を発信しています。

今回の記事については、日東駒専など学歴は関係なく全就活生におすすめできる就活サイトOfferBox(オファーボックス)について実際の使用レビューも踏まえまとめていきます。

 

今すぐ登録したい方はこちらから



 



公式サイト:OfferBox


OfferBoxの概要

運営会社 株式会社i-plug
対象者 2021年卒、2022年卒予定の学生
利用学生数 21.1万人(2020年9月現在)
利用料金 無料
利用できるサービス 企業からの逆オファー

適性診断ツールAnalyzeU+を無料で利用可能

オススメ度

OfferBoxのサービス内容

OfferBoxは大手就活サイトのリクナビやマイナビとは違うサービス内容となっています。

どういった点が違うのでしょうか?
リクナビ、マイナビ➡︎就活生が企業にエントリーする
OfferBox➡︎企業が就活生をスカウト

OfferBoxは、就活生がサイト上のプロフィール欄を埋めることにより、興味を持った企業から直接スカウトが来るサービスとなっています。

マッチングアプリの一方通行版と思ってもらえばわかりやすいかな?

それでは以下でOfferBoxを実際に使用して感じたデメリットやメリットについて触れていきます。

 

 

OfferBoxのデメリット



自分から企業を選べない

上記の図のようにOfferBoxは『企業→就活生』の一方通行であるため

◯◯社に応募したい!
という場合でもアプローチが出来ません。
行きたい会社が絞れていて他の会社を見る気がないという方は、オススメしません。

プロフィール入力が面倒

企業からオファーをもらうためには、プロフィールを充実させないといけません。

 

 

実際のプロフィール欄は上記の項目があります。

すべての項目を入力することが必須というわけではありませんが、入力率が高いほどオファー率も高くなっているようです。

 

 

全項目入力するのは億劫だな・・・
そんな方はプロフィールでも企業が見ているポイントに注力して見てください!

OfferBoxのメリット



7190社を超える企業が登録

逆オファーのサービスがあっても、その企業が魅力的じゃないと意味ないですよね?

OfferBoxでは、大手企業からベンチャー企業、官公庁まで幅広い企業が登録しています。

 

 

マイクロソフト資生堂日産などの超人気大手企業からsansanマイクロアドなどの急成長ベンチャーも登録されています。

 

超人気企業からあなたにオファーが来るかも?

》登録はこちらから!《

 

適性診断AnalyzeU+が無料で使える!【自己分析】

OfferBoxに登録をすると、自己分析に超役立つAnalyzeU+』を無料で使うことができます。

 

AnalyzeU+は設問数が251問あります。

圧倒的な設問数の多さであるがゆえに、細かく自己分析が可能になります。

【適性診断の設問数】
AnalyzeU+➡︎251問
リクナビの適性診断➡︎110問
キャリタスの適性診断➡︎21問
これから就活を本格的に始めるので自己分析をしたい!
自己分析はやったけど、もっと深掘りしたい!

そんな方は、無料ですし適性診断だけでも価値あると思います。

》適性診断AnalyzeU+を試してみる《

 

企業のオファー数に制限をかけている

企業からの逆オファーがあるサービスは他にも同様にありますが、他のサービスでは企業側が就活生に対して一斉送信してオファーを送っているケースがよくあります。

一斉送信なので学生のことをよく知らずにオファーを送り、ミスマッチングになるということが多々ありました。

 

しかし、OfferBoxは企業側に対してオファーできる数に制限をかけています。

 

ひとりひとりとしっかり向き合った上で、オファーを送っているためミスマッチングが起きにくくなっているシステムです。

 

 

実際の口コミ

OfferBoxは、実際に多くの就活生に利用されていますが、利用した使用感はどうなのでしょうか?

実際に利用した就活生のレビューを見てみましょう!

口コミ

Oさん:日本大学
正直、自分の大学レベルでオファーが届くのか不安でした。先輩からも2〜3月にはオファーがたくさん来るから枠を空けておいた方が良いと言われたことも本当なのか疑っていましたが、本当でした。人事の方とすぐに会えて、少人数で話ができることが良かったですね。また、ナビサイトと違って、人事の方が自分に興味を持ってくれている状態で話ができることも良かったです。


Yさん:九州大学

自己分析するのに役に立ちそうだと思い利用しました。専攻とは関係ない業界からオファーが来て「私でもこういう職種につけるんだ」 と気づかされることがなんどもありました。あとは特別な選考に参加できるところです。少人数の説明会であったり、選考免除であったり、社員の方とのコミュニケーションを取る機会をもうけていただいたりと、ありがたかったです。

 

日東駒専の就活生にもオススメ



当メディアは、主に日東駒専の就活生に向けた記事を発信していますので

OfferBoxは日東駒専の就活生にもオススメできるのか?という疑問に答えていきます。

 

結論から申し上げると、日東駒専の就活生にも強くオススメできます!

 

オファーが来るのは結局高学歴の人だけじゃないの?
OfferBoxで重要なのは学歴ではないんです!
上記のデータを見ていただくと、オファーが来ているのは国公立早慶MARCHと並んで日東駒専の学生もオファーが来ていることがわかります。

OfferBoxで企業が見ているのは経験人となりです!

 

プロフィールを充実させて企業から逆オファーをもらい就活を優位に進めよう!
大手からベンチャー企業まであなたにオファーが届くスカウト型就活サイト【OfferBox】

最新情報をチェックしよう!