日東駒専生から出世できる?大企業入社後は出身大学関係あるか日東駒専→大手経験者が語る。

日東駒専から大企業を目指しているのですが、仮に入社できたとして出身大学はどう関係してくるのでしょうか?日東駒専からでも出世できますか?
そんな疑問にお答えします!
この記事を書いている私は日東駒専から新卒で大手都市銀行に就職しました。
入社後はまず法人営業として数年働いていましたが、そこで新規獲得ランキングでランクインした経緯があります。

大企業入社後は出身大学関係あるの?日東駒専から出世できる?

日東駒専から大企業へ入社した場合

結論から申し上げると、

全く関係ないとは言えないですが、日東駒専から大企業へ就職してもある程度出世は見込めます!

一昔前の日本であれば問答無用で

日東駒専出身=大企業では出世できない
と言われていました。
例え日東駒専でいくら営業で数字を残しても出世ができないことが多々ありました。
しかし昨今では採用でも同様のことが言えますが、
学歴の賢さではなく人としての賢さを人事は判断しています。
言うまでもありませんが、ごく普通の日東駒専出身の人がMARCH出身や早慶出身に人には勝てませんからね!

日東駒専から大手銀行で出世レールに乗っていた人の話について

私は就活中も入行してからも学歴コンプレックスをずっと勝手に抱えていましたが

入行してから同僚や上司に学歴のことについて言われたことはありませんし、日東駒専だからと比較されたこともありませんでした。

私が配属された支店の運が良かったからかもしれませんが、確実に「学歴は関係ない」と言う社会の風潮になりつつあると言えます。

ひと昔前は、特に銀行の場合他の業種に比べても派閥など学歴で人を判断する文化が根付いていましたからね。

冒頭でも申し上げましたが、私は日東駒専から新卒で大手都市銀行に就職し法人営業として数年走り回っていました。

そこで入社3年目の時に新規の獲得ランキングで若手の全国ランキングに入ったことがあります。

しかし、日東駒専卒で私より成績を残している同期がいました。

彼は、その後人事の方にしっかり評価いただき、出世ルートと言われる本部の人事部へ異動が決まりました!

 

日東駒専から出世するためには

日東駒専から出世するためには大きく3つポイントがあリます。

  • 自己研鑽
  • 実績を残す
  • 信頼される人間になる

一つずつ紐解いて行きましょう。

自己研鑽

自己研鑽無くして自身の成長はありませんし、成長無くして出世はあり得ません。

これはどの業界にも共通して言えることですが、わかりやすく私が居た金融業界で例えましょう。

銀行や保険では金融のプロとしてお客さまの悩みに応えなければなりません。

そんな金融のプロがお客さまから悩みをうち明かされた時に

えっと・・・勉強不足ですので・・一度お調べしてから回答しますね。
という営業マンと
お客さんは◯◯なので△△をやっていた方がいいですね。
という営業マンがいたら
信頼できるのは確実後者ですよね。
金融業で言えば資格取得と言うのが自己研鑽になると思いますが、必ずしも資格取得が全てではありません。
それぞれのお仕事に合った自己研鑽で自分自身の成長に繋げてください。
努力は必ず報われます!

実績を残す

これはきっと皆さん既にわかっていることだと思うのですが、

大事なことなのであえて記載しました。

営業職であれば数字というモノサシで測れるのでわかりやすいですよね。

Nao BLOG

営業成績があがらない銀行員のあなた。根本の考え方を変えるだけで驚くほど営業が上手くいきます。以下の方法を実践しランキング…

研究者の方であれば研究実績や論文など

目に見える形で実績を残すことが大事です!

私も営業で全国ランクインをしたので、日東駒専からでもメガバンクの出世ルートに乗ることができました。

信頼される人間になる

これは抽象的で少しわかりにくいかもしれませんが、とても大事です。

お客さんからも社内の人にも信頼できる人間になりましょう!
簡単にいうと八方美人ですね(笑)
信頼されるには定性面・定量面の両面が優れていないとダメです。
定性面とは
  • 簡単にいうと人間性が上に立つ人間としてふさわしいかどうか
出世するには人間性がしっかりしていないとだめです。
この人は将来、上に立つ人間として定性面はどうだ?
というのを同僚からヒアリングを人事部はしますので社内営業も大事ですね。
最近では会社終わりの飲み会は減ってきており、退社後すぐ帰宅というパターンが多いですよね。
そんな時に上司を飲みに誘ったらあなたの評価も上がること間違いなしです!笑
定量面とは
  • 営業実績などの成果、結果を出しているかどうか

これは先ほど述べた点なので特にいうことはありませんが、新入社員から数字を意識する必要はありません。

入社してからはしっかり下積みを大事にして4年目、5年目くらいから上司に期待された結果を出せるような人材になってください。

 


今の時代、日東駒専だからと言って肩身狭くなる必要ありません。

自分に自信を持って胸張って仕事して行きましょう。

最新情報をチェックしよう!